保険見直し 保険のビュッフェ体験

<sponsor>

保険見直し 医療保険 保険のビュッフェ

保険見直し
特徴
  • FPのレベルが高い
  • 集客とFP派遣を一社でしているため、サービスが一貫
  • ベテランぞろい
  • 3000円の商品券がもらえる

 

保険のビュッフェ公式サイト

 

医療保険の見直しのポイントを聞きました。

 

  • 入院日数60日か120日
  • 入院給付金日額5000円か10000円
  • 通院治療も給付対象かどうか
  • 対応手術の種類
  • 定期か終身か
  • 先進医療の負担額
  • 手術給付金の額
  • 保険料
  • 特定疾病をどうするか
  • 各保険会社のオプションサービス

 

入院日数は大きな病気をしない限り60日でいい

 

長引く病気と言えば、脳こうそく、心筋梗塞などの循環器系の病気です。
これらの病気のリスクがある場合、つまり家系や生活習慣でそのようなリスクがあるのであれば主契約で保険を考えた方がいいので、
基本的に医療保険は60日でいいでしょうとのことです。

 

入院給付金日額5000円で最低限は問題なし

 

治療費に関しては、公的保険で高額療養費制度を利用すれば治療費の心配は月額約9万円で済みます。
入院してお金がかかるのは、差額ベッド代。交通費等の諸経費です。

 

団体部屋に入ればベッド代も安く済みますが、ベッドが病院によっては空いていないこともあり、ベッド代も各病院で多少差があります。
日額を考える時は、ベッド代をどうするか、そこがポイントですが、これも5000円あれば最悪はないこと、
それに医療保険は一番使うことがない保険ですので、最低限でいいのではとの見解です。

 

対応できる手術の数

 

対応手術数と手術給付金、これもそんなに心配し過ぎないようにとのこと。

 

定期か終身かは個人で違いがある

 

若いうちに入るのであれば終身がいいです。
更新がないので保険料が言っていいという点は安心です。

 

でも今後またいい保険が出るのは間違いので、保険料をとるか、保障を取るかの選択です。

 

メインで終身に入り、子どもが成人するまでといった保障が欲しい期間だけ敵保険という方法もあります。

 

保険のビュッフェ公式サイト

 

 

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険