保険見直しの事例 給与が減って節約したい

<sponsor>

保険見直しの事例集 給与が減って節約をしたい

 

保険の見直しをする時に実際にどれくらいの保険の節約になるのか、
保障内容の考え方はどうなるのかなど紹介します。

 

保険の見直しは、必ずしも保険料を安く節約すrのではなく、必要な保障を足すことも必要になってくることを覚えておいてください。

 

給料が3割カットになりました。節約できないでしょうか?

 

現在40歳、妻1人子どもが2人の4人家族です。
給与が下がってしまったので、どうにか保険料を節約できないかという相談です。

 

保険の加入状況

 

定期2300万円 終身500万円
入院給付金日額5000円
3大疾病とがんの特約あり

 

妻 共済 2000円

 

合計25000円

 

見直しのポイント

がんと3大疾病の必要性がどこまであるかを検討します。
年齢は40歳、これまでの健康診断では特に問題ありません。

 

貯蓄もまったくないわけではありませんし、医療保険に入っている以上、がんでも3大疾病でも日額保障はあるので、
ここでは特約を外す選択をします。

 

次に死亡保障を考えます。
2500万円のそこまで必要かどうかということですが、これは迷わずにカットです。
本来削りたくない保障ですが、節約したいというニーズを優先します。

 

やっぱりもう少し死亡保障は欲しいという事であれば、定期で安い保険に入る手もあります。

 

見直し結果

 

定期1000万円 終身500万円
入院給付金日額5000円
妻 共済 2000円

 

合計15000円

 

結果 10000円の保険の節約をしました。

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険