医療保険を見直す場合

<sponsor>

医療保険を見直す場合

 

医療保険とは、病気やけがの時に給付される保険のことです。
よく混同されるのですが、生命保険とは身体に関する保険全体の事をさしてそう呼びます。

 

先進医療特約は別に必要になる保険ですが、特定疾病、がんなどので入院した場合にも当然支払われます。

 

主なポイント

  • 終身か定期か
  • 入院給付金の日額
  • 保証限度日数
  • 手術給付金

 

他には、日帰り入院でも保障されるケースが多くなっています。
無料の医療相談を受けられるサービス、先進医療がついてたり、商品毎に各社特徴を出しています。

 

終身か定期か

 

医療保険に限らず、保険の加入方法として、終身保険と定期保険があります。
終身とは、加入すれば加入時の保険料のまま一生涯の保障が続く保険です。
払込期間も60才、65才、終身払いなどがあります。

 

若いうちに加入すればより保険料が安くなり、今中心的な保険となっています。

 

定期は保障期間が決まっている保険で、保障が高額、保険料が安いのが特徴ですが、更新型なので更新のたびに保険料が上がるのが通常です。

 

入院給付金の日額

 

給付金日額は5000円、7000円、10000円の例がよく出ています。
商品によって違いますが、5000円以上は、1000毎に設定できるもののあります。

 

一体いくらが適正保障金額なのか、よく質問にあがることです。

 

一概に金額は癒えませんが、高額療養費制度を利用すれば最低限は問題ないので、5000円あれば十分と言われることが多いです。

 

病院の治療費の心配よりも、差額ベッド代の心配が主なものです。

 

保証限度日数

 

60日、120日が一般的な設定です。
どちらがいいのかについては、60日という答えが最近の傾向です。

 

理由は、長期入院になるパターンが年々減ってきているからで、これあ国の方針で医療費削減傾向があるからです。

 

長期入院に関しては、循環器系の疾患の場合にはそうなります。
それら特定疾病のリスクがある場合は、特約か主契約で別で加入する方法があります。

 

手術給付金

 

手術の際に給付される保険金です。
手術のたびに給付される場合、ある程度の条件付けがある場合など、商品によって違いがありますので、約款をよく読みましょう。

 

どの手術に対応しているかは、商品毎に範囲が記載されています。
2000種類、1000種類などありますが、1000種あれば十分です。

 

 

医療保険はこれらの事を主に考えて加入します。

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険