生命保険 死亡保険を見直す場合

<sponsor>

生命保険 死亡保険を見直す場合

 

生命保険とは、主に死亡保障の事です。
加入者に万が一のことがあった場合に、受取人に保険金が支払われます。

 

受け取りに関しては、税金がかかります。
主に「所得税・住民税」「相続税」「贈与税」となります。

 

保険料を一時払する場合、税法上、「金融類似商品」として位置付けられるものがあり、一時払養老保険・一時払変額保険(有期型)があり、これらは5年以内の満期、解約の場合は預貯金と同様、受取金額と払込保険料との差益に対して、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)の源泉分離課税が行われます。

 

死亡保障額の適性は、基本的には個々で違います。

 

遺族に必要なお金
  • 遺族の生活費の総額、年数
  • 子どもの教育費
  • 整理資金

 

遺族の生活費の総額、年数

 

世帯主がいつ亡くなるかで必要保障額は違います。

 

例えば、主人が35歳、妻が32歳として子どもが一人3才だとします。

 

仮に主人が40歳で亡くなった場合、子どもが大学を卒業するまでに約20年あります。
女性の平均準用が85才くらいとして、妻の残りの生活は53年あります。

 

妻の仕事状況、貯蓄額、遺族年金等、加入状況によって違いますが、
最低必要な物は、生活費、住居費、教育費の3つになります。

 

妻の生活費 20万円×12か月×53年=1億2000万円

 

教育費 1500万円

 

膨大な金額です。

 

これらを全て保険で準備すると保険料がかなり高額になります。

 

そこでもっと厳密に計算する必要が出てきます。

 

後は整理資金、葬式等にかかるお金が200万円〜500万円と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険