学資保険を見直す場合

<sponsor>

学資保険を見直す場合

 

学資保険は必ず使う保険になります。
保険会社にとってあまりいい商品とは言えません。

 

でもそれでも保険会社が取り扱うのには理由があります。

 

学資保険の選び方

 

特徴

  • 積立型
  • 何回に分けて給付を受けるか?
  • 返戻率は何%か

 

 

学資保険は積立てる保険

 

多くの方が学資保険に加入する理由は、いずれ必ず使う保険なので、利息のあまり付かない銀行などより、いくらかでも増えて戻ってくる保険の方がいいと考えるからです。

 

返戻率と言って、加入してから子どもが22歳になるころや18才になるころに、105%〜110%になって戻ってくる仕組みなっています。
満期途中では小学校、中学校の入学に合わせて祝い金が給付されるものが通常の学資です。

 

万が一契約者が無くなった時も保障はされるので、その点安心と考えられています。
これが払込免除制度というものです。

 

何回に分けて給付を受けるか?

 

途中で祝い金を受け取れると言いましたが、当然一括で満期に総額を受け取った方が返礼率が高くなります。
どうせ入るなら満期まで置いておきましょう。

 

返戻率は何%か

 

基本的に返礼率が高い方が得な保険です。
しかし、いだけで選ぶのは危険です。

 

学資保険の目的はそもそも、入学のための保険です。
入学が決まり、いざ学費を払う時点で保険が満期になっていない、つまり保険がもらええない場合があります。
このようなことがないようにいつ支払われるのかはしっかりと確認しておきましょう。

 

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険