保険見直し 放射線治療給付金

<sponsor>

保険見直し 放射線治療給付金

放射線治療給付金は、がんになってからの治療で、放射線治療を受けた場合にし払われる保険です。

 

アフラックの新EVER  10万円
アリコ 88種の手術に含まれているが、60日に1回の給付限度、つまり大体1回

 

 

 

日本では、がんになると手術して切除するパターンが多いようです。

 

それに放射線治療は、すべてのがんに効くわけではありません。

 

がんによっては、放射線治療の効果が変わります。

 

放射線が有効だとみられるガン
早期の喉頭がん、早期の肺がん

 

強度変調放射線治療(IMRT)と併用で効果的
前立腺がん

 

日本人に多い、胃がんには効きにくいと言われています。

 

同じ場所への放射線治療はできません。
それに副作用が出やすい人もいるので、すべての人に適しているわけではありません。

 

 

放射線治療の進め方

 

1回数分、週5日、数週間継続して行います。

 

まず治療計画を立て、それに沿って行われます。

 

放射線治療は一度に大量の照射が出来ないので、時間と回数が必要です。

 

治療で使う放射線治療の量

 

60〜70グレイ  (1グレイ=1シーベルト)

 

大体30回〜35回に分けて照射するので、人体に悪影響はあまりありません。

 

放射線治療の保障の注意点

 

88種類の手術を保障対象とする保険では、手術給付金を受け取るには「50グレイ以上」の照射を条件とすることが多いようです。
この50グレイというのは一度に照射する量ではなく、累計で50グレイになれば請求ができます。

 

約款によって、もらえる条件が違うのでよく確認が必要です。

 

保険見直しの結果

 

がんの心配、がん家系などの場合は、がん保険に加入した方が安心です。

 

保障の厚みもそうですが、がんの治療は進化しているので、

 

時代に合っていない保障、保障されない治療の可能性もあるのです。

 

まずは自身のがんリスク、そして治療についても知識を得て、いざ慌てないようにしましょう。

 

 

 

 

 

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険