保険見直し 失敗しない方法

<sponsor>

保険の見直し=保険の節約ではない?

保険料が家計を圧迫しているので何とかしたいという要望は、保険の見直しでもよく出てくるフレーズです。

 

保険の見直しというのは、あくまでもムダな保障をカットして必要な保障を手厚くするという作業なので、本質的に保険の節約を目的としたものではありません。

 

場合によっては保険料が高くなることだってあるのです。

 

究極の保険節約術は、保険に入らないこと?

 

保険料をとことんまで節約したいと考えるあまり、最終的にはそもそも生命保険がムダなのでは?という考えに至る人がいます。

 

確かに保険料の減額どころかゼロになるので、究極の節約です。

 

しかし、保険をやめた人ほど病気になるという格言があるように、保険をやめた人ほど保険がもたらしてくれていた安心感に気づくものです。

 

保険をやめた後に病気になって、入院にでもなってしまったら、これはもう節約どころの騒ぎではありません。

 

保障期間を短く、払込期間を長く

 

保険を節約する基本的な考え方は、保険会社の立場になって考えてみると明白です。

 

保障期間を短くすれば保険会社が受け持つリスクが減るので保険料が下がりますし、払込期間を延ばせば1回あたりの保険料は少なくなります。

 

これだけでもかなりの節約幅が期待できるので、保険を見直して節約にチャレンジしてみてください。

 

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険