保険の保障額の決め方

<sponsor>

保険の保障額の決め方

 

保険を見直す場合には、自分自身にいくらの保障が妥当な金額なのかを知る必要があります。

 

その額を把握した上で、妥協点を検討していきます。

 

心配させすぎる保険販売員もいますし、逆に心配性な加入希望者も多いです。
厚生年金、遺族年金など、公的保険も考慮しながら検討します。

 

必要額の算出方法

 

死亡保障、医療保障、収入保障、養老、年金が保険の主な目的です。
一番のリスクがどれかということは決めにくいものですが、ここでは死亡の際にどの程度のお金が必要か考えます。

 

葬儀のお金を整理資金と言います。

死亡した時にどんな方でも必要になるのが、整理資金です。

 

整理資金の目安は、どんな葬儀にするのかで差はありますが、200万円〜500万円と言われています。
葬儀費用は葬儀社に支払うものだけでなく、集まっていただいた親戚にお寿司やお酒を出したりもするので、思っていたよりもお金が必要になります。

 

つまり、どんな人でも死亡保険金は200万円は必要と言えます。

 

家族へのお金 住居費用

遺された家族へのお金でまずは、住宅費用が必要になります。
その時点で住んでいる住居が持家なのか、賃貸なのか、持ち家の場合、住宅ローンの契約内容の把握も必要になります。

 

住宅ローンはほぼ団信に加入しているはずなので問題ないかと思いますが念のため確認しておきましょう。

 

賃貸の場合は、当然家賃は発生します。
いつまでいくらの家賃が必要なのか算出が必要です。

 

家族へのお金 子どもの教育費

子どもの年齢、いついくらい必要か把握しましょう。
一般的に子どもへの教育費は、1000万円〜2000万円と言われており、私立、公立で大きな差が出ます。

 

しかも入学金などは一括で支払う必要がありますので、必要な時期にまとまったお金がないとともて困ることになります。

 

2人以上になってくると、同時期の出費なども考えられますので、その点も注意が必要です。

 

家族へのお金 生活費

基本的には遺族年金、厚生年金などがありますので、公的資金で少しは賄えます。
しかし、何歳で亡くなるのかで違いますが、遺された家族が残り安心して暮らすには不十分です。

 

死亡保障の必要額は、年々少なっていくので、その点を考慮して検討しましょう。

 

家族へのお金 借金など

これも一種の整理資金と言えますが、借金がある場合は家族に迷惑がかからないように注意しましょう。
特に個人的に借りた場合などは、支払い義務がないにも関わらず、家族へ返済を求める場合もあるので後腐れのないようにしましょう。

 

いついくら必要か?

 

保険見直し相談をうまく活用

保険見直し相談は、TVCMでも毎日のようにみます。
大手ではなく、中堅の会社がおすすめです。当サイトでも紹介しております。

 

他にも保険会社の保険料金のシュミレーションシステムの活用もしてみましょう。

 

保険相談会社の中には、今一番安い保険商品を瞬時に検索できるシステムを持っている会社もありますので、
加入前に十分チェックしえおきましょう。

 

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険