保険金を増額、減額も出来る。

<sponsor>

保険金を増額、減額も出来ます。

保険を見直す場合は、何も契約を新規にするばかりではありません。

 

加入状況を確認し、保険商品に問題なければ、保険料を下げるつまり、減額することも可能ですし、
逆に増額することも可能です。

 

保険は新規で加入するとどうしても一からのスタートなので、保険料が上がりやすくも、
逆に下がりやすくもなります。

 

新規でなく、減額、増額でなんとかできないかを検討しましょう。

 

契約内容は主契約と特約に分けて加入していることもありますので、死亡保障額だけを変更することも可能です。

 

保険金の増額、減額のメリット、デメリット

 

メリット

解約や新規契約はその分の手間もありますし、保険料で損する場合もあります。
増額、減額の場合は新規加入リスクがないのでメリットです。

 

また高齢になってくると、健康状態で厳しくチェックされますので、条件がその分厳しくなることを避けられるのがメリットでもあります。

 

デメリット

増額であればいいのですが、減額すると当然保障は下がります。
保険料が安いことに越したことはありませんが、最低必要額を下回るようなことであれば問題です。

 

見直しの際は、その点に注意しましょう。

 

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険