保険の解約方法

<sponsor>

保険の解約方法

 

保険の解約を考える時は、保障内容のチェックが必要です。
定期保険でお祝い金などの保障がある場合は、つい満期までと考えがちですが、途中解約でも結構な解約返戻金があります。

 

しかし、基本的には保険を途中解約して得することはありませんのでそこは注意してください。

 

保険を解約すると、解約日に保障は切れます。
新規加入の際、保険解約と新規加入してから保障開始日に空白が生まれる場合があるので要注意です。

 

保険解約する場合

 

加入した際の担当者、または保険会社へ連絡します。
解約の書類が送られてくるので、記入、提出で解約となります。

 

新規で別の保険に加入する場合は、新規契約を先に済まし、保険適用期間に入ってから解約することです。

 

保険解約の注意点

 

まずは、先ほど説明した保険適用期間についてです。
それから解約返戻金は支払った額より必ず少ない額になります。

 

運用金利に注意。

 

古い保険の場合、高金利時代に加入したお宝保険と呼ばれる保険もあるので、
解約が得かどうかはじっくり検討しましょう。

 

sponsord

保険のビュッフェ
保険アドバイザーズ
保険